2010年04月14日

将棋 三浦先手で横歩取りに 名人戦第1局(毎日新聞)

 羽生善治名人(39)が第一人者の力を見せて防衛するか、初挑戦の権利を得て勢いに乗る三浦弘行八段(36)が奪取するか。東京都文京区の椿山荘で8日に始まった第68期名人戦七番勝負の第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)。将棋ファン注目の開幕局の戦型は、横歩取りになった。

 立会の大内延介九段や川端達夫文部科学相らが見守るなか、記録の渡辺愛生三段が羽生の側の歩を5枚取り上げ、手の中で振ってから宙に投げ出した。絹布の上に落ちた駒は「歩」と「と」が2枚ずつで、1枚は立った状態。先後は決まらなかった。再び行われた振り駒は「と」が3枚で、ようやく三浦の先手番と決まった。

 羽生と三浦の対戦成績は羽生の16勝6敗。03年2月以降は羽生が10連勝しているが、このうち8局が横歩取りだった。両雄が得意にしている戦型だ。それでも、2人とも時間を使って慎重に指し進めた。【山村英樹】

【関連ニュース】
将棋:羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局
学生将棋選手権:早稲田大Aが優勝…団体戦
ひと:久保利明さん 王将を獲得、2冠制覇の棋士に
将棋:久保新王将、喜び実感…激戦から一夜明け
将棋:王将戦 久保棋王“5度目の正直”の勝利

「左右をよく見て」新1年生対象の交通安全訓練(産経新聞)
小沢氏が資産報告を訂正 勝どきの土地など所有(産経新聞)
政府、対北制裁を延長=6回目、核・拉致解決へ圧力(時事通信)
42歳女性、市営住宅で変死=頭に傷、事件の可能性−名古屋(時事通信)
「髪留めで笑顔になって! 」=山崎さん特注、宇宙でキラリ−ISSと地球をデザイン(時事通信)
posted by ミネオ ケイジ at 00:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

新芽いっぱい 鶴岡八幡宮の倒れた大銀杏(産経新聞)

 強風の影響で先月10日に倒れた鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)の県指定天然記念物「大銀杏(おおいちょう)」の根元から、小さな新芽が顔を出した。八幡宮が1日、発表した。

 八幡宮によると、長さ1センチ弱の緑色をした若い芽が多数出ているのが確認できた。正確な数は数えていないが、20以上は芽生えており、本殿に続く大石段からも見えるという。

 八幡宮は大銀杏の再生を願い、倒れた幹部分を根付かせるため先月14日に移植した。その一方、地面に残った根元から若い芽が出ることも期待していた。

 大銀杏の樹齢は推定千年。境内の記帳所では倒木から1週間後の先月17日から1日までに、再生を祈る人々約2万5千人が記帳したという。

【関連記事】
大銀杏倒れた鶴岡八幡宮、封鎖の石段8日ぶり開放
倒れた大銀杏、植え直し完了 鶴岡八幡宮
鎌倉・鶴岡八幡宮の大銀杏「再生の可能性は90%」
【産経抄】3月13日
クローン技術利用も!? 倒壊の鶴岡八幡宮大銀杏の「再生」検討
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<大阪市営地下鉄>谷町線で逆走 昨年9月、初歩的ミスで(毎日新聞)
「なぜ役人がランク付け」=会見オープン化調査に不快感−岡田外相(時事通信)
<訃報>宍道一郎さん89歳=元日本ビクター社長(毎日新聞)
若林元農相 議員辞職願を参院議長に提出(毎日新聞)
<企業献金>海洋土木業者がパーティー偽装し資金集めか(毎日新聞)
posted by ミネオ ケイジ at 00:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。