2010年05月24日

37歳経営者を逮捕=渋谷でバカラ賭博の疑い―警視庁(時事通信)

 東京・渋谷でバカラ賭博場を開くなどしたとして、責任者や客ら16人が逮捕された事件で、警視庁組織犯罪対策4課などは18日までに、賭博開張図利容疑で、埼玉県朝霞市仲町、無職古賀雄一容疑者(37)を逮捕した。
 同課によると、容疑を認めている。古賀容疑者は賭博場の経営者という。
 逮捕容疑は11日、渋谷区道玄坂の雑居ビル6階に賭博場を開き、バカラ賭博で客から手数料を取り、利益を得た疑い。 

【関連ニュース】
バカラ賭博容疑で16人逮捕=300万円を押収
中込氏が一部罪状認める=プロ野球八百長事件で初公判
暴力団勢力、2.1%減=覚せい剤、詐欺の摘発増加
芥川賞、直木賞候補決まる=「大森兄弟」らが初

<ファッションショー>京着物と洋服のコラボ 京都・大覚寺(毎日新聞)
アレルギー対策基本法案を提出―公明党(医療介護CBニュース)
<もんじゅ>排気モニター故障で警報 環境には影響なし(毎日新聞)
<哨戒艦沈没>緊密連携を確認 日韓首脳電話協議(毎日新聞)
普天間「ほぼ現行案」に地元心外 「強行すれば暴動起きはしないか」(J-CASTニュース)
posted by ミネオ ケイジ at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

「重し」青木氏引退、自民世代交代の契機にも(読売新聞)

 「参院のドン」として自民党政権下で強い影響力を持っていた青木幹雄・前参院議員会長(75)(参院島根選挙区)が、体調不良を理由に夏の参院選出馬を断念し、政界を引退する見通しとなった。

 要職を離れているため、政界への影響は限定的とみられるが、党内では「世代交代が進む契機になる」という見方も出ている。

 「昨日、青木先生から『健康が不良で、立候補を断念せざるをえない』と申し出があった。残念だ」

 自民党の細田博之・前幹事長(衆院島根1区)は15日、青木氏が欠席したまま松江市で行われた同氏の事務所開きで、沈痛な面持ちでこうあいさつした。会場では、後継の有力候補と目されている、長男で秘書の一彦氏(49)が、集まった約350人の支持者らに「医者から脳梗塞(こうそく)という診断をいただいた」と報告した。

 自民党の谷垣総裁は15日、岡山市で記者団に、「参院で大きなリーダーシップを発揮してきた。本人も無念だろう」と語った。

 青木氏は、2007年参院選での自民党惨敗を受け、党参院議員会長を引責辞任して以降、表舞台から遠ざかっていた。政局の節目節目で同僚議員から助言を求められる「相談役」として一定の存在感は保っていたが、特に民主党政権になってからは自らの参院選対策に力を入れ、党の方針や政策の決定に関与することはほとんどなかった。

 自民党時代、青木氏の薫陶を受けた新党改革の舛添代表は、「一つの時代が終わったということだ。青木さんが引退しても、自民党や政界への影響はないと思う」と述べた。

 参院自民党を率いた青木氏は、豊富な人脈を誇った。民主党の輿石東参院議員会長とも太いパイプを持っていたが、民主党政権でこのパイプを積極的に生かすような場面はなかった。

 政界全体への影響は小さいが、党や派閥の「重し」となっていた青木氏が引退すれば、中堅・若手議員の発言力が強まり、結果的に自民党の世代交代が進む可能性もある。

縁組後に高額保険金 大阪の女性遺棄 養父母ら近く聴取(産経新聞)
機会失った? 村井仁知事、憶測呼ぶ退任理由(産経新聞)
韓国艦沈没 外相「協力惜しまぬ」(産経新聞)
「全体像示すべき時期が来た」−民主マニフェスト企画委(医療介護CBニュース)
戸別訪問を解禁=「通年国会」も−民主公約案(時事通信)
posted by ミネオ ケイジ at 01:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

岡部まり氏心斎橋で第一声「国を良くしたい」(スポーツ報知)

 民主党公認で大阪選挙区(改選数3)から出馬するタレント・岡部まり(50)が8日、大阪・心斎橋などで府民にあいさつし、政治活動をスタートさせた。大阪・ABCテレビのバラエティー番組「探偵!ナイトスクープ」の秘書役を21年間務め、関西では知名度抜群だ。

 岡部は8日、大阪・心斎橋で、出馬発表後初めて府民にあいさつした。車の上でマイクを握ると、「(ナイトスクープの)秘書席から立ち上がりました。本来、立ち上がる性格ではなかったのですが…。この国を良くしたいためです!」。番組では決して出さなかった大声を張り上げた。

 「ナイト―」は視聴者からの疑問、注文をタレントが解決する番組。「おひとりおひとりの『依頼』に愛、思いやり、感謝の気持ちを見つけました」とし「大阪の人の力、街の力を確信しております」と手応え十分の様子。親子連れなどから「あっ、ナイトスクープの人や!!」と声を掛けられ、笑顔を振りまいた。

 よくも悪くも、武器は「ナイト―」での知名度。民主党関係者によると、複数の番組共演者に応援演説を依頼しており、局長の西田敏行(62)からは「応援するからね」との回答が届いているという。番組出演の21年間で培った人脈もフル活用するつもりだ。

 【関連記事】
歴代「名司会者」が紅白盛り上げに一役…森光子が武田鉄矢が堺正章が西田敏行が
西田敏行「学んだこと数知れない」…森繁久彌さん死去
中孝介「火天の城」主題歌!西田敏行も絶賛

東京高裁塀に赤ペンキ=母娘を確保−警視庁(時事通信)
<たこ焼き>爪楊枝か、割りばしか…食べ方いかに?(毎日新聞)
<雑記帳>「宇宙桜」芽吹く(毎日新聞)
バカラ賭博容疑で16人逮捕=300万円を押収−警視庁(時事通信)
九年庵 新緑の庭園、初の一般公開 佐賀・神埼(毎日新聞)
posted by ミネオ ケイジ at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。